読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学の話

 

アドラー心理学、ご存じでしょうか。日本でも結構人気らしいですね。ぼくはこの前初めて聞きました。でも話聞いてぼくじゃん…ってなったので、アドラーとぼくはズットモだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

アドラー心理学の基本を大まかに言うと、

「自己受容」

「他者信頼」

「他者貢献」

の3つにわかれるらしい。

自己受容が出来て初めて他者信頼が成り立ち、そして他者貢献ができるのだとか。その考え方には全面的に同意。

 

 

さて、まぁ字面からわかるけども、殆どの人が躓くのは「自己受容」かな。ありのままの自分を受け入れること。ぼくも同じようなことを、「自分を認める」と表現して言ってたかも。

メンタルコーチングやってる人の話聞いて、「受け入れる」の方が柔らかく優しいと思った。「認める」「認知」「認識」だと、人によっては響きが強すぎる可能性があるなぁと。何気ないものだから誰も気づかないけど、その心のうちでは響きの強さに引いてるかもしれない。

 

「自己受容」は自分のいいところ悪いところ全部引っくるめてこうなんだと、否定も肯定もせずに、そうだなぁ、自分という器に落とし込むことなんだろうな。

 

受け入れるって使わなかったのは、ぼくのなかでは「受け入れる」という響きが柔らかすぎるから。真綿で首を絞めるじゃないけど、柔らかすぎてぼくがバカになりそうなんだよね。やってることは同じはずなのに。

人によってそんな感じに言葉の雰囲気が違うから、言葉を受ける側も自分の言葉に咀嚼した方がいいと思う。

 

 

 

「他者信頼」も「他者貢献」も、読んで字の如く。そしてこれらは「自己受容」して初めて成り立つものだ。自分を受け入れられていない人を誰が信頼するか?信頼関係って一方的じゃ成り立たないし、まやかしはそのうち破綻しちゃう。

実際世の中じゃ、自分を受け入れられてないと「思ってる」人ってきっと多い。あえて思ってると言ったのは、100%受容できてなくても、半分以上はみんなちゃんと認められてる。ただやっぱり嫌なものが強烈で、良いところや好きなところが見えなくなってるんだよね。

ぼくが昔あったのは、嫌だ~っていう煙が覆い隠してるイメージ。なんとなく向こうにぼくの素敵な部分があるのは分かるんだけど、嫌だ~っていう煙がぼくの中で充満して、煙たいからそれしか考えらんねぇの。

 

鬱病の人がカウンセリングに来て話すのは「仕事で失敗しました」がやっぱり多いらしい。話を聞いて、「じゃああなたがやって来たお仕事、細かくてもなんでもいいから全部書き出してください」って言って書き出させて、お仕事の内容が仮に300個あったとする。「この中で何に失敗したの?」って聞くと、2,3個なんだよね。3/300ですよ。つまり、297個もある成功は無視なの。だからこれらをちゃんと認めてあげようね、ってところかは始めるんだって。

 

この話を聞いて、他人事だから「なんで認めらんねぇんだマゾかよ…」って思ってたけどさ。なんで認められないのかっていうと、その人にとって、その297個の成功は「当然」なんだろうね。

「成功して当然」「そうなるべくしてなった」って思い込んでる。だからこそ失敗が許せない。何故なら「成功して当然で、そうなるべきもの」だから。出来て当たり前だから。

そういうものの声を、ちゃんと拾ってあげなきゃな。だって「当然のように」成功させたんだよ。あたかも俺こんなん楽勝ですけど~?みたいな感じで出来たんだよ。ぼくすごい抱いて。

基本他の人は誉めてくれないじゃん。慣れとかあるし。だからこそまず自分が認めて誉めてあげなきゃ。だってそれだけ成功してるんだよ。すごいじゃん。

そのぐらい成功してるのに失敗したって言うなら、人間常にしてる呼吸なんか当たり前の極みじゃん。でも過呼吸になる。歩いてても躓く。そんなん。

といってもね、理想の俺との違いに耐えられないんだよな。わかるわかる。だからこそ、その理想の俺を作っていけてる部分、つまり成功部分をみなきゃダメだよね。ちょっと自分ー成功ちゃんのこと蔑ろにするのやめなさいよー。自分の一番身近な理解者は自分自身なのよー。

これぼくの残念ナルシシズムかと思ってたら、普通に推奨されてることだった。厨二でもなかった。アドラーとズットモなだけある…ぼくすごい…。

 

 

 

まぁ一般論でもよく言われるけど、やっぱり自分が幸せじゃなきゃ何もできないよ。そんでもって、自分の幸せがわからなきゃ幸せになれないよ。 

アニメ見て幸せなら、アニメありがとうと一緒に視聴した自分を誉めればいい。あのとき視聴したぼくナイスすぎる…。見なければこんなに心が穏やかになれなかった…みたいな。

聞いたことないけどみんなきっと誉めてない。ぼくはめっちゃ誉めてるしな…ツイートもするしな…あのときTL見たぼくis神…。

ついついTL見て楽しくて寝なかったりするけど、寝なかった自己嫌悪と同時にちゃんとよかった、楽しかったことも思い出さなきゃね。せっかく見てた意味を自分で消すなんてとんでもないぞ。

ぼくを一番に守るのはぼくだけ。ぼくが避けたいものに気づけるのもぼくだけ。

ぼくを幸せにできるのはぼくだ。

 

最近詰め込んでばっかりで文章ぐっちゃぐちゃだな。

でもまぁ、ぼくが他人から見て幸せに見えるのならば、ぼくはぼくを幸せにできてんだよ。やったー!!!!ゲームしよ。