読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭がどうとかの話

 

ぼくは頭が悪いです。あとめちゃくちゃ頭がかったいので、全然閃かないです。

なぞなぞ、昔やったけど惨敗ですよね。

上は洪水下は大火事がギリギリでしたが今は通用しないです。世知辛いナー。

 

 

ところで本題ですけど、よくきく「できるこ」は、だいたいこの二つでまとめられている気がします。

・頭がいい

・勉強ができる

この二つは別だと言うのは、まぁまぁ理解され、そして理解する話だけど、個人的には四つに分類したいところ。

 

・頭がいい

・勉強ができる

・知識がある

・頭が柔らかい

この四つ。こう書くと露骨に違うなぁ。最後の「頭が柔らかい」は曖昧に感じるかもしれない。

 

つまるところこの四つは

・頭がいい→応用力がある、まとめられる

・勉強ができる→教えられたことができる

・知識がある→見聞が広い

・頭が柔らかい→発想力がある

だと思ってる。

勉強ができるだけ、と劣等感持つ人がいるけど、教えられたことや学んだことができるっていうのは素直な才能だから、あまり卑下しないでほしい。それは君の長所だ。

勉強できない人もいるからな。ぼくとか。

 

 

 

世の中違うタイプのそれぞれが四人組になればもっと上手くいくのになーと夢想してみる。

新しい企画とかさ、

勉強できる人が今までの基礎築いて、知識ある人に質問したり関係ありそうな事柄だしたり、それ聞いて頭柔らかい人がなんかアイデア出して、頭いい人がまとめてくれたらなー。いいのになー。

そんな簡単じゃないんだぜ…知ってる…。

 

そもそも自分がどれかって言うとまぁ難しいよね。どれも当てはまりません、って冗談抜きで思ってる人いるだろうし。えっ君全て平等なの?それはそれで才能では?

凸凹の程度に差はあれど、どれかひとつは飛び出してるんだからそれを自覚することは大切だよね。良いじゃなくても、マシレベルでもさ。

ぼくは多分知識がマシ。他はS~EならEランクで知識がCランク。もちろん適当ですけど、好きなことも好きなものもいっぱいあるし、本は好きだからね。あとニュース良く見る。

苦手なところは絶対に伸びない、なんてことはない。他と絡めて、例えば知ってる事柄から今までにない組み合わせを見つければ、それは発想力がある人になる。ちょっと変えるだけでも応用力がある人になる。

ようは一番凸の部分は、他と比べて上手かったり簡単にできたりするってだけ。時間をかければ気づけるかもしれない。できるようになるかもしれない。

成長の余地は余裕でアリアリですとも。ただちょっと経験値ボーナスついてないから遅いだけで。 ぼくもリアル脱出ゲームとか、TRPGで鍛えたいですね、発想力。頭ガチガチマンなので死活問題です。

 

とりあえず最初は好きなものから自分を知っていくのって大切だよなって思いました。まる。

 よくわからなくなったのでここまで。